ゲーミングPC

ゲーミングPCおすすめスペックCPUやゲームタイトルで徹底調査2022最新版

この記事の内容

  1. ゲーミングPCのスペックの目安は
  2. ゲーミングPCのCPUのスペック性能比較
  3. ゲームタイトル別ゲーミングPCの推奨スペック

パソコンを購入したいがゲームを楽しめるものがいい
しかしゲーミングパソコンって高そうだし、普通のパソコンとどこが違うのだろう

はじめてゲーミングパソコンを購入する方に
ゲーミングPCのおすすめスペックとコスパの良い選び方を徹底紹介

ゲーミングPCって何ができる

ゲーミングPCとは
本格的な3Dゲームを快適に楽しむため演算処理のCPUや画像や動画を処理するGPUの機能を向上させたパソコンです。また高精度のディスプレイや周辺機器をコントロールするため非常にハイスペックな仕様となっています。

一般のPCとどこが違う?

一般的なパソコンでも、まったくゲームが出来ないと言うことはありませんが、画像の動きや画質にストレスを感じたという経験のある方も多いと思います。
性能の高いパーツを組み合わせたゲーミングPCは当然家庭用やビジネス用のPCと比べると高価なものになります。

ゲーミングPCはどこがいい何がいい

ハイスペックなゲーミングPCの魅力は処理速度の早いCPUと画像処理速度の早いGPUを独立させて持っていることです。通常のPCはCPUにGPUが組み込まれているためココまでのパフォーマンスを出すことはできません。

ゲーミングPCは他に何に使う

ハイスペックなゲームはもちろん、メールやインターネット、表計算や文章作成機能もサクサクこなすゲーミングPCですが、CPUの性能が高いため動画の編集や配信などにも向いています。
ストレージ容量が少なくてすむゲーミングPCですが動画編集の場合にはディスク容量を増やしてやればOKです。

このようにゲーミングPCは決してゲーム専用のPCではなくありとあらゆるパソコンの作業をストレス無くサクサクと行うことができるのです。

また、ゲーミングPCの周辺機器としてのマウスやキーボード、そしてゲーミングチェアなども人間工学に基づいて設計されているため長時間パソコンに向かっても疲れが少なく、パソコン作業の効率をあげてくれます。

様々な用途でパソコンを使いたい方は一度、ゲーミングPCのスペックと価格を検討してみうことをおすすめします。

ゲーミングpcいくらくらい?

ここでは、ゲーミングPCの価格とスペックについて説明します。

当然ながらゲーミングPCはスペック高いほど高価になります。

しかし、やみくもにハイスペックであればいいというわけではなく、CPUやGPUのランクと価格、そしてコスパを考えて検討しましょう。

ミドルスペックのゲーミングPCがおすすめ

ゲーミングpcどのくらいのスペックがあれば良いのか気になりますが、ゲーミングPCはCPU GPU価格帯のミドルスペックのPCがおすすめです。
各メーカーともに、このクラスのゲーミングPCは最も売れているので価格もリーズナブルなものになっていてコストパフォーマンスが非常に高い機種ゾーンとなります。

これだとほぼ全てのゲームでストレス無くプレイできますし動画編集や配信などもストレスなく可能です。

ゲーミングPCの購入は自分の必要なパーツを組み合わせてオーダーができるBTO()をやっているメーカーがおすすめです。BTOメーカーには以下のような会社があり、分割支払いの金利無料キャンペーンも行っていますので月々3000円くらいからでも非常に性能の高いゲーミングPCを購入することが可能です。

是非メーカーの通販ページをご覧になってみてくだい。

BTOパソコンメーカー 分割払い 支払い回数金利などはこちら
TYKUMO(ツクモ) BTOパソコン長期分割ローン可能
【FRONTIER】 コスパに徹底的にこだわるなら
レノボ・ショッピング JACCS ショッピングクレジット金利手数料が無料!!
BTOパソコンのサイコム 分割金利無料サービスあり
NECダイレクト 支払い方法も豊富でローンも可能
SEVEN 高機能ゲーミングPCが分割で楽々支払いSEVENのパソコン
パソコン工房 分割払い金利手数料無料キャンペーンはこちら

※ゲーミングPC最高スペックの価格は?

ゲーミングPCの選び方「必要なスペックの目安は?

ゲーミングPCを選ぶ時に必要なスペックの目安についてご紹介します。

ゲーミングPCを選ぶ時の失敗しないための重要なポイントはCPUとGPUのスペックのチェックです。一般のPCはCPUにGPUを組み込んでいるのがボトルネックとなって高いパフォーマンスを発揮できません。

これら以外のスペックは後からでも増強は出来ますが、CPUとGPUに関しては後から増強するなら買い替えたほうが安くなるケースもあります。

ゲーミングpcどのくらいのスペックがあれば十分なのか、またCPUとGPUについてはこれからも使い続けるため最新のスペックを持ったものがおすすめになります。

ゲーミングpcの以下のパーツのおすすめスペックについてご紹介します。

ゲーミングPC重要スペック① CPUのスペックは必須

ゲーミングPCのCPUは以下の2つメーカーがあり、必要なCPUのスペックは以下のものが推奨されます。

  1. インテル社の「Core i7」シリーズ以上
  2. AMD社の「Ryzen7」シリーズ以上

ゲーミングPCのおすすめCPUスペック

インテル社の「Core i5」はゲーミングPCとしては通常は最低限スペックになりますが、ゲームによっては低速になってしまうためCore i7搭載のゲーミングPCがおすすめです。

インテル AMD ゲーミングPCとしての評価
Core i3シリーズ  Ryzen 3シリーズ X【カクカクで動く】
ゲーミングPCとしてはNG
Core i5シリーズ  Ryzen 5シリーズ ▲ゲームによっては、画質を落とさないとカクツク おすすめしない
Core i7シリーズ  Ryzen 7シリーズ ◯ミドルクラスのゲーミングPCに採用
ストレス無く動く
Core i9シリーズ  Ryzen 9シリーズ ◎3D 4K画質のゲームにはおすすめ

インテルでは「Atom」「Celeron」「Pentium」「Core i3」などの低性能なCPUは安いのですが、ゲーミングPCとしてはスペック上不十分なので気をつけましょう。

CPUは、パソコンの処理能力を司る最も重要なパーツとなります。CPUの処理能力が低いと動きがカクカクしたり途中で止まったりなどゲームとしてプレーできないものになってしまいます。上記のシリーズには数字が付いていて数字が大きくなればなるほど処理能力が上がります。

Core i9やRyzen 9シリーズは非常にパフォーマンスが高くお金に余裕があれば選びたいところですが、Core i7シリーズおよびRyzen 7シリーズのミドルクラスのCPUが搭載されていれば全く問題はありませんし高負の高い動画編集作業もサクサクとこなします。

さらに詳しいCPUの性能のベンチマークはこちらを>>>

36回以上の金利無料の分割払いを使えばCore i9やRyzen 9シリーズも月々の支払いを軽く支払うこともできますので一度検討してみるのもいいかもです。

GPU(グラフィックボード) の画像処理性能

GPUはビデオカードとも言われていてゲーミングPCの命とも言える画像処理を行うパーツです。以前のPCはCPUで画像処理をしていましたがリアル映像を処理するゲームではGPUがなければ機能はしません。

GPUの性能はfps(フレームレート)という値で1秒間に映像を何回描画できるかで計測されます。通常は60fpsつまり1秒間に60回描画できるスペックが標準となっています。

リアルなシューティングゲームなどは100fpsさらに144fpsなどに対応するにはハイスペックなGPUが必要となります。

GPUを選ぶならNVIDIA社のGeForceシリーズ一択といっていいでしょう。各ゲームメーカーもNVIDIA社のGeForceシリーズの性能をマークして作られているほどです。
AMD社のRadeonもありますが、ココはGeForceシリーズがおすすめとなります。

GPUおすすめのスペック

GPUのおすすめはGeForceシリーズとなります。
GeForceシリーズには以下のようにGTXとRTXシリーズがあります。
RTXシリーズが高性能になり、またそれぞれの文字の後の数字が大きいほどハイスペックな仕様となります。

最新のゲームをプレイするならGTX1060以上となります。

GPU 評価
GTX1050 ☓ NG
GTX1050Ti ▲最低限スペックとなるためおすすめできません
GTX1060 ◯最新のゲームに対応
GTX1070~ ◎高クオリティでプレーできます
~RTX3080 ◎高クオリティでプレーできます
RTX3080TiSLI構成 ◎4K画像も最高のクオリティでプレーできます

見落としがちGPUとCPUのスペックの組み合わせは最重要

ここでゲーミングPC選びの落とし穴が一つありますのでご紹介します。それはCPUとGPUの処理速度の釣り合いです。
CPUとGPUはゲーミングPCとしてはともに最重要なパーツとなります。

しかし、どちらかの性能が高すぎる、もしくは低すぎる場合に問題が生じます。

たとえばRTX3080TiSLI構成をCore i7シリーズで動かすなど
GPUの処理速度が高く、CPUが低い場合には、GPUとCPUの間で処理速度の問題が出てきてせっかくの高いGPUの処理能力が活かせなくなってしまいます。これは高いGPUを搭載しても全く無駄になってしまいます。

逆にCPUの処理能力が高くても推奨スペック以上のGPUがあれば問題ありません。

基本以下の組み合わせであれば問題はありません。

  • Core i7-7700K以上=GTX 1060
  • Core i7-8700以上=GTX 1070~RTX 3080
  • RTX 3080TiSLI構成=Core i9以上

メモリは16GBがおすすめ

高性能なCPU・GPUを搭載したゲーミングPCについてメモリ容量はそこまで高くなくてもOKです。
最低スペックは8Gですが、他のアプリも動かしたいということであれば、できれば16GBは欲しいところです。

また動画編集などを行いたい場合は32GBがおすすめです。
BTOパソコンであればメモリ容量は注文時に簡単に追加できるので自分の必要そうなメモリの容量を確保しましょう。

  • 最低スペック8GB
  • 推奨16GB
  • 動画編集等を行いたい 32GB

ストレージはSSD必須だが容量はいらない

ストレージにはSSDとHDDがあります。
SSDのほうがHDDに比べてデータ転送速度が格段に早くガタガタといった音もしないのでSSDがおすすめです。
ただし、ゲーミングPCとしての利用だけであればストレージの容量は使わないのでSSDとしては250GB~500GBもあれば十分です。

  • 250GBで 2~3本のゲームデータ格納が可能
  • 500GBで5~6本のゲームデータ格納が可能

ただし、アドビのプレミアなどを使って動画編集などの他の用途でゲーミングPCを併用したいならSSDの容量を1TBに増やしたり、データの格納庫として単価の安いHDDを2~4TBほど増設したりしておくのがおすすめです。

見落としがちな電源効率

ゲーミングPCは非常に電力消費量が大きいということをご存知でしたか?パソコンで最も電力を消費するのがCPUとGPUです。これらのパーツは超高速で演算を行うため非常に高い熱を発します。

なのでパソコンのCPUやGPUをいかに冷やすかが設計上の大きな課題となっているのですが、同時に消費電力の大きさもゲーミングPCの大きな課題です。

消費電力が大きなゲーミングPCは電源能力が低いとパソコンの急に落ちて故障したり電源ユニットが壊れてしまうことがあるためです。

そのためゲーミングPCの電源は、W(ワット数)と電源効率の良いものを選ぶ必要があります。

電源にはSTANDARD~TITANIUMまでのグレードがあり
ゲーミングPCの電源を選ぶ時は「80PLUS認証」が目安となります。

80PLUSとは電源効率80%以上という意味です。グレード的にはSILVER以上が推奨となっています。

グレード[変換効率:%]

グレード 変換効率
STANDARD ☓ 80%
BRONZE ▲85%
SILVER ◯88%
GOLD ◯90%
PLATINUM ◯92%
TITANIUM ◯94%

ゲーミングPCのCPUとGPUのスペックごとおすすめ機種一覧

スペックだけ比較してもゲーミングPCは、どれがいいのかなかなか分かりづらいと思います。
ここではさらに詳しくゲーミングPCのCPUとGPUごとのおすすめ機種を比較ご紹介します。

ゲーミングPCおすすめのCPUと GPUと機種
ゲーミングPCでCPUとGPUの組み合わせてでコスパ的におすすめの機種を●機種ご紹介します。

インテルCore i7-7700K以上=GTX 1060【クラス】

価格的にはコストパフォーマンスを優先したミドルグレードのゲーミングPCです。おすすめポイントは赤で書いています。

Core i7-12700F + GTX 1660SUPER 搭載

フロンティア【GA-H670】【Windows 11 】

メーカー フロンティア
機種名 【GA-H670】
CPU インテル Core i7-12700F
GPU NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER
メモリ メモリ 16GBメモリ (8GB×2)
ストレージ [M.2 NVMe SSD] 512GB + [HDD] 2TB
価格 182,800円(税込)

上記以外の詳細スペックはこちらフロンティア【GA-H670】【Windows 11 】

インテル® Core™ i7-12700KF プロセッサー+GTX 1650SUPER 搭載

ツクモtukumo G-GEAR GA7J-H214/ZB

メーカー ツクモ(tukumo)
機種名 G-GEAR GA7J-H214/ZB
CPU インテル Core i7-12700F
GPU NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPER
メモリ 16GB (8GBx2枚) DDR4-3200
ストレージ 1TB SSD (M.2規格 / NVMe接続)
価格 ¥196,800円(税込)

上記以外の詳細スペックはこちらG-GEAR GA7J-H214/ZB

 

インテルCore i7-8700以上=GTX 1070~RTX 3080

コストパフォーマンスを優先しながらもGPUの処理速度をさらにアップしたミドルグレードのゲーミングPCです

インテルCore i9以上RTX 3080TiSLI構成

最強のゲーミングPCです。各メーカーの中からコスパの高いものを選出しました。

Lenovo Legion T750i – ブラック

 

メーカー Lenovo
機種名 Lenovo Legion T750i – ブラック
CPU インテル® Core™ i9-10900K プロセッサー (3.7 GHz 最大 5.30 GHz)
GPU NVIDIA® GeForce® RTX 3080 (LHR)
メモリ 32 GB ARMOR DDR4 3200MHz(2 x 16 GB UDIMM)
ストレージ 2 TB 7200 rpm HDD + 512 GB PCIe SSD
価格 ¥314,987 税込・送料無料円

Lenovo Legion T750i – ブラック

ゲームタイトルごとのゲーミングPCスペック一覧

ゲーミングpcどんなゲームをやりますか?
ゲーミングPCどれを買えばいいのか大体検討がついたかと思いますが
ゲームタイトルごとに必要スペックが違うため最後に確認のためチエックしておくことにこしたことはありません。

フォーナイト

Ghostwire: Tokyo

エルデンリング

ダイイングライト2

遊戯王マスターデュエル

レインボーシックス エクストラクション

モンハンライズ

まとめ おすすめゲーミングPC最強スペックはコスパで選ぶ

ゲーミングpcどこのメーカー
ゲーミングpcどうやって買う

ゲーミングPCを購入するならコスパの高いBTOメーカーから通販で購入するのがおすすめです。
こちらにはサポートの口コミ評判もよくまた、分割払いに対応しているコスパの良いBTOでゲーミングPCを通販している会社を掲載しています。

是非ご参考にしてみてください。

価格帯 CPU GPUを比較してコスパの良いパソコンを選んで下さい。

各BTOパソコンメーカーのゲーミングPCの分割払い回数と金利手数料一覧
BTOパソコンメーカー 分割払い 支払い回数金利などはこちら
TYKUMO(ツクモ) BTOパソコン長期分割ローン可能
【FRONTIER】 コスパに徹底的にこだわるなら
レノボ・ショッピング JACCS ショッピングクレジット金利手数料が無料!!
BTOパソコンのサイコム 分割金利無料サービスあり
NECダイレクト 支払い方法も豊富でローンも可能
SEVEN 高機能ゲーミングPCが分割で楽々支払いSEVENのパソコン
パソコン工房 分割払い金利手数料無料キャンペーンはこちら